FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

試作再開 

紅茶グマまつり延期を決めて、一日がたちました。
今日は、午前中に教室。
そして、午後から、試作再開です。
シェフの頭の中には、ずいぶんと沢山のアイデアがあるようです。試作を開始した直後は、まわりは何を作っているのかよくわかりません。ノートには、何だか、スケッチのようなものも描いてあって、素材の名前も書かれているのですが、ごちゃごちゃなので、判読できません。描いているところを覗き込んだら、手で隠されてしまいました。授業中に早弁をする高校生のようです。

「○○じゃなくて、△△の方がいいのかなあ・・・。」
そんなことをぶつぶつ言いながら、厨房の中を動き回ります。
その脇で、リンゴを煮込んでいるSちゃんと、プリンカップを積み重ねて、週末の教室の計量をする私。

「出来た・・・!」
シェフが顔を上げました。
「どれどれ?」と、歩み寄るSちゃんと私。
「これ、何ですか?」
「○○○の○○○」
「へえ!なるほど!」

シェフが、目の前のお菓子を小さく切って、まず自分で味見。
「うゎ、濃い・・・!」
続いて、私たちも、試食です。
「あ、おいしい!これ、好きな味です。」とSちゃん。
「うん、おいしい。」と私も。
「濃すぎるかな・・・」と、心配そうに、シェフ。
「すべてが、トップギアなんじゃない?」と、おそるおそる言ってみると、
「バランスの問題かな。わかった!あとは、微調整。バランスをちょっと考えてみよう。」
シェフの中で、見通しがついたようです。

○○○の○○○、うまくいきそうです。

新作を作るということ、簡単そうで、難しいみたいです。
何だかいろいろやっていたら、おいしいのが出来た、というようなものではなくて、どこかの、はっきりとした一点に向かって、積み上げてゆく。こんな感じ、などという、曖昧な範囲を目指すのではなくて、あそこ、という、明確な一点を目指す。それが、試作です。偶然性には頼らない。
すでに書きましたが、明晰ならざるもの、フランス菓子ならず。構築してゆくものなんですね。

試作したお菓子、せっかく小さく切ったのに、また小さく切って、結局、ずいぶん沢山食べてしまいました。私としては、味を見極めよう、というのが建前ですが、見極めたのかどうか、それは怪しいものです。夕飯が近いというのに、お腹いっぱいです。
シェフはというと、味の見極めに取り組む私とSちゃんを横目に、ちょこっと食べただけで、もう見向きもしません。

まあ、これが、今日一日の紅茶グマ。
そして、いつもの紅茶グマです。

試作が完成したら、また、ご報告します。
お楽しみに!
スポンサーサイト
[ 2006/10/19 23:06 ] 今日の紅茶グマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouchaguma.blog77.fc2.com/tb.php/18-52e99bbb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。