スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

副都心線東新宿駅 

かつて、紅茶グマ焼菓子工房、最寄りの駅は、JR山手線新大久保駅か、JR中央線大久保駅、そして、開店の一年ほど前に開通した、都営地下鉄大江戸線東新宿駅でした。

それが、この6月、東京メトロ副都心線が開通し、副都心線東新宿駅もデビューしました。野次馬的精神にあふれるシェフと私は、開通のその日に東新宿駅に向かい、いざメトロに飛び乗ると、すぐひとつめの駅、お隣の新宿三丁目で降りました。ご存じの方も多いと思いますが、新宿三丁目の駅の改札を出るとすぐ目の前が伊勢丹。もちろん、三越。そして、はるか高島屋まで続いております。紅茶グマから副都心線東新宿駅の入口までわずか5分ほどですから、まさに伊勢丹が自宅の庭先に移ってきた、とまで断言できると思います。どうぞ、紅茶グマまつりのついでに伊勢丹、高島屋へ。もちろん、渋谷、原宿、池袋、もう、お好きな場所へ一直線です。

副都心線の東新宿駅のB1出口から紅茶グマまでは、5分程度です。

もちろん、紅茶グマから新宿東口方面へは、歩いても、15分程度。
紅茶グマ通り(もちろん、そんな名前はありませんが)を越えて、ほぼまっすぐ進む。小泉八雲の碑のある通り、鬼王神社や新宿区役所のある区役所通り、を進み、靖国通りを横切って、山本コーヒーやサクラヤのある通りをゆけば、もう、新宿通り。紀伊国屋書店も、三越も、アルタもすぐ目の前です。

紅茶グマの行き帰りには、是非、新宿へお立ち寄りください。

                               ムッシュ
スポンサーサイト
[ 2008/11/07 22:16 ] 新大久保ツアーズ | TB(0) | CM(0)

コリアンタウン 

IMG_0582_320x240.jpg
新大久保といえば、最先端の国際都市(?)。特に、日本一のコリアンタウンです。
時々、おいしい韓国料理屋さんを教えてください、と、言われるのですが、恥ずかしながら、実は、よく知りません。教室で、生徒さんから、あそこのお店がおいしかったですよ、などと教えてもらうことの方が多いのです。
[ 2008/10/28 22:36 ] 新大久保ツアーズ | TB(0) | CM(0)

北京亭 

pekin.jpg

新大久保駅から、紅茶グマに向かって大久保通りを歩いてくると、左側に「北京亭」という中華料理屋さんがあります。
創業1953年、という話ですから、すでに50年以上も続いているわけですが、もしかしたら、すべてがその当時のままなのではないか、と、思わせてくれるようなお店です。中に入ると、まるで時が止まったような気がします。旅に出る前の寅さんが、列車待ちで時間をつぶしている、上野駅あたりにでもありそうな店でもあります。
[ 2006/11/09 23:00 ] 新大久保ツアーズ | TB(0) | CM(0)

小泉八雲終焉の地 

yagumo.jpg

「耳なし芳一」や「むじな」といえば、もちろん、小泉八雲の「怪談」です。
小泉八雲ことラフカディオ・ハーンが、その生涯を閉じた場所、実は、大久保です。正確には、大久保一丁目1-17。その跡地に、「小泉八雲終焉の地」という碑が建てられています。
[ 2006/10/21 23:56 ] 新大久保ツアーズ | TB(1) | CM(0)

鳥重 

torisige.jpg

大久保通りから、旧紅茶グマへの道へと入る角に花屋さんがあるのですが、その2階にあるのが、焼き鳥屋さん「鳥重」です。
[ 2006/10/08 19:17 ] 新大久保ツアーズ | TB(0) | CM(4)

箱根山 

yama.jpg

新大久保駅から大久保通りをまっすぐ歩いてきて、途中で左に曲がれば、紅茶グマ。
でも、そのまま、大通りをまっすぐ進み、明治通りを越えて、左手にあるスーパー「生協」の脇の、林の中の坂道を下ってゆくと、公団住宅の間に、「箱根山」がそびえています。そう、「箱根の山は天下の険 函谷関も物ならず」、の、箱根山。というのはもちろん嘘で、何でも、江戸時代に、水戸家の後楽園と並ぶ名園として、尾張徳川家の屋敷内に、東海道五十三次を模して作られた回遊式庭園の一部、人工の山です。
標高44.6メートルは、山手線の内側で、最も高い築山だそうです。
[ 2006/10/03 20:19 ] 新大久保ツアーズ | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。